日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
映画系(18)
あなたに...
くもりパンフを...
はなはだ...
イーオン...
庵野、す...
中学生マ...
なぜにキ...
ちんぽ舐...
多分中村...
義理の母...
二の腕セ...
女の命は...
ローレラ...
「ローレ...
デニース...
サトエリ...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 アストロ映談
たらこせる
たらこせる映画系RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆?才 8月6日(獅子座) A型 所沢近辺在住 新宿/渋谷/中野区勤務 湯沢/奥只見近辺出身 情報システム 文系大学卒 年収 400万円以上 土日祝日休み 家族と同居 既婚 長男 ◆離婚経験無し ◆子供2人 車有り お酒を飲める 喫煙する ◆/がっしり体型 / 黒髪 黒目 黄肌 カープファン ギャンブルする
◆趣味・興味: 音楽, テレビ/ラジオ番組, 映画/ビデオ, 演劇, アニメ/コミック, コンピュータ
作家QRコード
作家QR
 コード 
もうすぐ四十郎。 観た映画と今体験していることの区別がつかない日々。 ♪男なら~男なら~タマとバットは男のあかし~
 
2020年5月
     1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      

→最初の日記
→全部で18日記

 次を見る>
あなたにはクンフーが足りないわ
あなたにはクンフーが足りないわ
ボウケンジャー」を観た。

2006/8/13   0:51   所沢近辺にて

映画系日記

つながり >1 >2 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



パンフを買ったら落書きしよう~「トランスポーター2」くもり
パンフを買ったら落書きしよう~「トランスポーター2」
という試み。
F900iTというDocomo端末を使用している。もう二年になるんだけど、その後タッチパネル携帯が存在しないので多分これでいく。
日記系.jpはiアプリの提供も行っていて投稿は楽チン。問題なのは2タッチ入力に対応していなくて文字を打ち込むのが(端末の予想変換が悪いのも手伝って)ヤなので、あとでこうしてPCから打ち込まないといけないことだ。

さて、既にこの端末のタッチパネルを使用しての「絵描き活動」は別途用意してある つhustleblood=http://hustleblood.jugem.cc 。んが、レイヤーなしの絵師活動は結構つらくて、さぼりがちである(文章だけでもサボりがちなんだから当然と言えば当然か)。

そんなわけで、ふとF900iTで検索してみたら面白いブログを発見した。きちんとしたアーチストさんのやつ。 つ tt-blog http://tt-blog.seesaa.net/
ひらめいた。なんかの画像(撮影分)に落書きしとこうと。
映画といえばパンフレットプログラムなので、それでいきましょうと。
先月末に観た「Vフォー・ベンデッタ」はさすがにパンフレット購入する気になれなかったのでスルーとなってしまったけれど、6月開始の「トランスポーター2」は、なんか長男も見たがっていたので購入したぞ。

...ずっと透け乳首登場につき、たとえ吹き替え版あっても連れて行かなかっただろうけど。
前作でも「運び屋」のプロフェッショナル稼業っぷりがついぞ描かれることなく、細部のつめの甘さがベッソンソン!と思うことしきりなわけだが、今回もせっかくの乳首も透けて「立っている」敵キャラ用意しながらほおりっぱなしである。いつまでも中学生マインド、というのは受け手としては正しいと思うけれど作り手としては腹立たしいだけだな。

2006/6/5   12:15   所沢近辺にて

映画系日記

つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
   コメント 
  

   トラックバック 
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



はなはだなまくらぼーずの続くブログなれど
ブログランキング「映画オンライン」なるサービスを知る。
一応映画系のブログとして用意しているので登録してみた。
でも、バナー類のHTML用意できるんだっけ?ここ?
<A href='http://rankingonline.jp/'><IMG alt='ランキングオンライン'
src='http://rankingonline.jp/images_top/tb_regist_img.gif' border='0'>
</A>

YouTubeで予告編がけっこうたくさん転がっているので、その辺も貼り付けられると良いんだけど、無理か。

2006/4/4   19:39   所沢近辺にて

映画系日記

日記QRコード
   コメント 
  

   トラックバック 
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



イーオン・フラックスはツンデレなのに
イーオン・フラックス」を観た。
主人公のイーオン・フラックスは25世紀に生きる反政府組織の暗殺者だ。ウィルスで500万人に激減した地球の都市を支配する議長に対し、自らの家族を奪われた復讐のため暗殺を試みる(ツン)。で「デレ」る。
が、ツンデレで萌え系を大量キャッチ、といった目論見が微塵にもにじみ出ていないのはアカデミー女優!実力派!最近は子どもがいるのが常態!といったシャーリーズ・セロンのせいではなかった模様。
監督が「ガールファイト」(未見)のカリン・クサマ。多分、「腐女子」ではない方なのだろう。
所謂「おかず」の男女の違いは男脳女脳に起因するのではないかと思う。この映画に登場するシャーリーズ・セロンは倖田來未の提唱する「エロかわいい」に通じるものが多分にあるが、「エロい」とか「パンパンいわせてええあああああ」といった劣情領域に舞う蠅にはなりえていないのは、つまり、
実体+のりしろ
ののりしろ部分が見あたらないため。露出度の高い衣装をいくら身にまとっても下半身直撃には「+のりしろ」が必要なのだと。
そんなシャーリーズ・セロンは「モンスター」未見なのでダコタ・ファニング救出のために、あれやこれやとハリウッドきっての変態野郎(いいのか)ケヴィン・ベーコンをどうにかしようとして、自分の尻の谷間にメスを隠し持って行動するほうが+のりしろとして相当正しかったと、私の脳幹の細さっぷりが申している次第です。

2006/3/22   16:37   所沢近辺にて

映画系日記

つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり ...つながり ...つながり >1 ...つながり ...つながり >1 >2 >3 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



庵野、すまんかった。胸なんて飾り、だよな。
「おいら女蛮」を見た。
監督がAV出身ということもあり、少々「イタさ」を感じることになるだろうと思って鑑賞したところ、姉妹の弾丸撃ち合いシーン以外は特に観るところがあるでなし。ピンク映画とAVとは明確に違うんだなあ、などと今更ながらに思うことになった。
それは形而上的問題にのみ起因するわけでなく、形而下にも見つけることができる。というかあくまで芸は形から入り心、心から形、ということなのだろう。

なぜに登場女優のことごとくが「しりがかわいくない」のか。自虐的にヒロイン桃瀬えみるが吐く「おしりにコンプレックスが...」についても笑えないセルライト。その向きには尻しわやセルライト具合、爛れ具合がグッと来るのかも知れないが
やはり魅せるなら尻はキュっとしてなくちゃあ!
その尻がすべての芝居の不発弾として仕込まれてしまったように感じる。
庵野の「キューティーハニー」はやっぱりどうなんだろう、という部分ではあるが、予算の違いとR指定についての考え方の違いがあるにせよ、尻女優サトエリをもとに尻で割れる車のフロントを見事に描いた点では勝利をもぎ取ったのではないかと。乳が出ているだけで狂喜することなきよう精進したい。

2006/2/7   15:41   所沢近辺にて

映画系日記

ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



中学生マインドと高校生マインド
東京ゾンビ」を観た。
「厨房」という言葉が隠語として流通してどのくらいになるのだろう、はてなキーワード(http://d.hatena.ne.jp/keyword/ソ゜ヒシ)で見てみると『ネット用語としての語源は、中学生の意である「中坊」。「ちゅうぼう」と打っても中坊とは変換されないが、厨房になら変換されるのでこれになったのか。』『発祥は2ちゃんねるではなく、あやしいわーるど(インターネットが普及する以前のパソコン通信時代から存在した、とも言われている。)』などとある。
それ以外にも中学生マインド溢れる、といったフレーズが映画秘宝系に流通しているように思われる。
が、今回の「東京ゾンビ」を観て、ふっと思ったのは「中学生マインド」よりも「高校生マインド」。現在未定義というかどう違うのよ、といった分析がかけ切れていないのだが、感覚的に「高校生マインド」というものも「中学生マインド」や「厨房」という隠語以外に存在しているのではないか、と思った。
単純に花くまゆうさくの描く人物の体躯がそう思わせているのかも知れない。って、著作で蔵書しているのが「青いオトコの汁」だけなので、めったなことは言えないのだが。
思うに、
ギム教育でないが、「みんな行っているのだから」的な、中途半端さと第二次性徴をとっくに終了してしまっている、腋毛もいつ生えたのか記憶できない時代に宿るマインド。そういったものが確かにあると思うんですよ。
柔術最強、とロシアに修行。中学生というより高校生に思えた。
何より、クライマックスの柔術の渋いたたかいっぷりについては、第二次性徴期における乳首の鈍い重み感を考えればやってられねえよ、なのだ。
引き続き、この中学生高校生問題については追及していきたいと思う。

2006/1/18   13:13   所沢近辺にて

映画系日記

つながり >1 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



なぜにキャストの変わる女の一生モノはうまく育たないのか。
今年の正月は「SAYURI」にてスタート。さまざまなツッコミどころ満載なのだが、この正月テレ朝放映もあった「千年の恋ひかる源氏物語」に拮抗する破壊力はなかったなあと思う。正月映画としての正しさが近年薄れ気味なのはなんとももったいないような気がする。
その「千年の恋」では別に常盤貴子の美醜についていいたいわけでもないのだが、朝目覚めると隣の養女が常盤貴子化するというのはなんともナイトメアーンな感じだ。今回、千代→さゆりはハリウッドの周到なキャスティング、オーディションの存在故か、このようなナイトメアーは発生しなかったわけで、ある意味「チッ」などと15歳で登場するチャン・ツィイーたんのはしため姿を見て舌打ちしてるのもどうかと思う。
それでも「なまくらぼーず」よばわりされながらも日記系に向かったのは、たとえチャン・ツィイーたんを起用しようとも少女期→成熟期ものの複数名登場女の道劇において成功事例になりきらないことがよくわかったことによる。単にペドペドした視線故ではないと、本日「ディック&ジェーン」を観て思ったのでいずれティア・レオーニくらいのレベルでぐっときてしまう話も用意したいところだが、ひとまず話を戻して、「ああもう芸者になんてならなくてもいいので少女編で終わってくれればなあ」というくらいにチャン・ツィイーたんよりも大後寿々花だったんですよ。というかそれ以降はミシェル・ヨーねえさんの存在もあってまま格闘しない「グリーンディスティニー」だったんだが。包帯巻いてるし、昭和にフラッペ調かき氷だし。つかみ所がほぼ少女編に集中していたせいか。
そんな見所は育つ前だよ、でいのいち思い出されるのが「青いパパイヤの香り」だ。この落胆度合いにも「SAYURI」は及ばなかったんだよなあ。

2006/1/6   21:32   所沢近辺にて

映画系日記

つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0
 次を見る>


[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています