日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(23)
元気系(59)
いやし系(77)
恋愛系(441)
バカップル系(39)
ペット系(20)
グルメ系(11)
レシピ系(7)
ダイエット系(1)
自慢系(1)
グチ系(118)
オシゴト系(531)
観察系(17)
旅行系(7)
映画系(33)
ゲーム系(26)
ちとエエ話系(2)
今日の一句系(1)
ポエマー系(2)
小説系(1)
秘密系(30)
社会派系(18)
不幸系(25)
闘病系(150)
オトナ系(21)
近況(実母...
近況(実母...
近況(実母...
近況(実母...
近況(実母...
近況(義母...
近況(義母...
別れ。
派閥。
ひとり。
健康で科...
健康で科...
健康で科...
気ままに...
義母のこ...
精神世界...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 徒然なるままにきまま日記 2019年1月分
香月
香月とりあえず系元気系いやし系恋愛系バカップル系ペット系グルメ系
レシピ系ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系旅行系
映画系ゲーム系ちとエエ話系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系
社会派系不幸系闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆44才 1974(昭和49)年11月生 O型 千葉在住 アルバイト/フリーター 専門学校卒 年収 300万円以上 土日祝日休み 一人暮らし 独身 長女 ◆離婚経験無し ◆子供無し 車有り お酒は飲めない 喫煙しない 159cm /普通体型 / 黒髪 茶目 白肌 ◆好きな野球チーム: なし ギャンブルしない
◆趣味・興味: 映画/ビデオ, 書籍/雑誌, ゲーム(ソフト,ハード), コンピュータ, インターネット, モバイル
作家QRコード
作家QR
 コード 
徒然なる日々は、 成長を生む?平穏無事がテーマでも、 なかなかこなすことの出来ない毎日を綴っていたりします(T_T)
 
2019年1月
  1
年始のご挨拶
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
指と人生
21
22
23
24
25
26
27
28
近況。
29
30
31
  

→最初の日記
→全部で1661日記

近況。
最近の事を、書かないのは。
もう、何もかも疲れたからで。
面倒になってるから。

落ち着いたら、まとめて書きます。
 
write: 千葉グチ系日記■■2019.1.28■■
つながり >1 >2 ...日記QRコード



指と人生
えっと。
常連さんや身近な人は知ってるが。
私の指は、普通じゃない(らしい)。

たまたま見かけた画像サイトで、
[まむし指]
という名が付いてる事を、昨日知った。

40数年生きてて、今さら(^_^;)

普通の人は"竹爪"と言って、竹を縦に割って更に横に切った形をしている。
↑何故かそれは知っていた

私の場合は、それを横に広げたような形。
だから、親指だけ異様に太い。

私自身は、この指を何とも思ってなかった。
父親からの遺伝だし。
そもそも、父親は私にとっては、良い印象がほとんど。

---

パチンコで夜に帰って来なかったから、あまり会えなかったけど。
器用で、生業の自動車修理は出来たし。
料理も食べられるほどには一通り出来た。
兄貴と差別する事無く―――というか、私はほとんど息子扱いだったけど。
誰からも慕われて、努力する姿を私は見て育ったようなもんだから。

あの母親にして、私がこの性格でいられるのは。
父親の影響も大きいと思う。

---

で、何故に気にしなかったか、と言えば。
親指のみならず、小指もおかしいからだ。
むしろ、小指の方が深刻で。
短指症に加えた奇形の部類に入ると思う。

小指の付け根は、グーにした時に他の指と並ばない。
根本が手首寄りにあり、そもそも関節がボコッと出ない。
小指の部分だけ手甲骨(中手骨)が短くて、それに合わせて小指の第三関節(基節骨)が異様に長くて。
第二・第一関節が短い。

多分、中手骨が正常の位置にあれば。
小指も正常だったんだろーけど。
その骨の分、小指は短いから。
普通の人の"普通"が、フツーじゃなかった。

***

不便に思い始めたのは、小3の頃。
親のワガママで、剣道を習わされた。
↑その理由が『学生の頃に森田健作(ドラマ)に憧れたから』
↑今じゃ我が県知事だが母親は何とも思ってないらしい

剣道は、竹刀を使う。
その竹刀の持ち方に、問題が出た。

竹刀は、

先 □-----|-- 体

な感じ。
その体側の末端を、左の小指だけで持てるぐらいにならなきゃならんのだが。
力が入らない。
そもそも、バランスが取れない。
何度やっても落ちてしまう。
無理。

館長も、こんな例は見た事が無かったらしく。
無視された( ̄。 ̄ノ)ノ

なので。
この剣道から、小指に関するほとんどの事を薬指で代用する事を学んだ。

***

その頃、同時進行で水泳と珠算にも行き始める。
私から「行きたい」とは一言も言った事は無いのだが。
何故か、母親は習い事をさせたがった。

多分、自分のステータスなんだと思う。
母『子供の為を思って習い事をさせてる自分エライ』的な。
その頃って、一週間丸々習い事で潰れて。
放課後に学校で遊ぶ友達と全く遊べなくて。
結局、いじめの発端になったんですが、何か。

で、水泳は大丈夫だったけど。
珠算=そろばんは―――小指が届かない。
普通、珠を弾く長さの指がある人は気にしないけど。
薬指の長さに合わせると、どーしても小指が宙を切る。
どうにも、スピード勝負には付いていけなくて。
珠算教室は、剣道の帰りに寄るようなコースだったけど。
やる気がなくて、サボって帰った。

それを母親に叱られる。
そうは言っても、ねえ。

あまりにサボるから、珠算はやめて。
水泳は、今で言う"お試し期間"だったのかな。記憶にあまりない。
二年続けてた剣道は、館長自殺により道場ごと解散。

で。
何もする事が無くなったんだけど。
学校に友達なんかいないし。
母親の影響で、性格も最悪だし。
元々、幼稚園→小学校時に転校して来たから、昔からの友達もいないし。

とある男子に集中していじめられ。
そこから派生して、色々な人にいじめられた。
小学生にしてカツアゲもされたし。

で母親は、事態を理解しておらず。
元々、仕事中心で家庭はおろか、PTAも軽視してて。
役員とか見回りとか集まりとかママ友とか、全部蹴ってたようだ。
母『いじめる奴は言い返せばいい』
母『私から言ってやれば収まる』
母『一対一で勝負して来い』
言ってる事が無茶苦茶だし。
当然、言われた事を実行したら白い目で見られて加速する一方。

最終的には。
母『いじめられるお前が悪い』
と言われた。

いや、元凶はアンタなんですけど?

小学生ながらにして、そう思ったし言ったけど。
何故か、全ては私が原因になる。
相談出来るママ友もいないから、母親に取っちゃ私は宇宙人だったんだろーな。

[頭の回転が早い]

自分が"完璧な母親"である為には、私が"変"である方が都合が良いもんね。
それが、私の"コミュ障"の原因である事も知らないし、認めないし。

"自分エライ"は、今でも変わらない。

その他、兄貴の友達(中学生)が家に勝手に入って泥棒を働いてたり。
私がイタズラされそうになったり。

とにかく、小学校の時もロクな思い出が無い。

***

話がだいふ逸れた。
えっと………、指の話だ。

そんな訳で。
普通に出来る事が指一本で出来ない私は、早々に"変"と自分でも思うようになった。
周囲の態度も、それを裏付けられてたしね。
↑原因は間違いなく母親だが当時はわからなかった

で、ほとんどエスカレーター式で公立の中学へ。
そこで同級生に、ソフトボール部に誘われたんだが。
あまり仲良くなかったけど、これをキッカケに仲良くなれるかと思い、入部したら。
その同級生は、陸上部に入っていた。
同『そんな事、言ったっけ?』
と言われたが。
最初から、こうするつもりだったらしい

で。
ソフトボール部、だが。
実物を見た事がある人が、どのくらいいるのかな。
三号、と呼ばれるその大きさは。

何しろ、デカイ。

普通の人ですら、大きく感じるらしいから。
私なんて、更に無理。
特に、ボールは親指と小指で持つものらしく。
当然、私には出来ない。
なのに、体格だけでポジションを決められ。
事もあろうに、キャッチャーになった。

しかも、部活顧問が。
学校一怖い数学教師で。
数学なのに体罰も辞さない、よくわからない人。
その教師は、教育委員会を狙ってたらしく。
部活での成績を特に重視してたから。
出来ない私は、メッタ打ち。

辞めたかったけど。
剣道で、竹刀=棒には慣れてたから、バッティングには定評があったから、辞められず。

というか、持ち前の真面目さで
辞める=自分に負ける
で退部は申し出られなかった。

その真面目さが仇となり。
部活に打ち込んでたけど。
顧問で疲れ果ててる部員は、私を疎んじるようになり。
結果、仲間外れに。

その時は、気付かなかったけど。
まむし指の持ち主は、

[一途]]
[思い込みが激しい]

んだってさ。
遺伝子的に、私の感覚って普通と違ってた訳だ。

で、部活は県大会敗退。

***

その後、地元の一番近い高校に進学して。
小学校の同級生に、
同『剣道やってたんだから、同じ剣道部に入ろう』
と言われた。
もちろん、いじめっ子の一人。

剣道も小学校の頃も、ロクな思い出が無かったから、断ったんだけど。
本人の中では、何故か引き受けた事になり。
同『何で入らなかったのよ!』
と、三年間責められた。

アレかね。
上から目線の奴は、自分の思い通りになると思ってんのかね。
外から見れば、イタイだけの人なのだが。

で、高校では。
前述の通り。
10数人グループのリーダー格三人のうちのひとりで。

[面倒みが良い]

を遺憾なく発揮してしまう訳だけど。

---

とにかく疲れた学生生活。

その中で、バイト先の社員で10歳年上の人と付き合ったのは。
早く結婚して、早く家から出たかったからだけど。
それが、今でも後遺症に悩む元凶になるとは思わなかった。

***

で、専門学校へ進路を決める。

指の影響で、ネイルとか当時はメジャーじゃなかったけど。
オシャレは出来ないし、似合わないって思ってた。
そんな中で、大学へ行っても浮くだけだろうし。

何より、先に六大学へ行った兄貴の後じゃ、家に金もないだろうし。
母親に恨み言を言われるくらいなら、手に職を付けてバイトして、早く家を出たかった。

で、選んだ専門学校は、就職の為の資格を取る為のもの。
自分のやりたい事を始めて出来た私は、成績上位に。

[何でも器用]

バイトで運動するようになったから、痩せ始めて。

[美人が多い]

らしく、モテ始める。
が、真面目さと後遺症があって、遊ぶ事は出来ず。
結局、資格とバイト経験が残った二年間だった。

***

[まむし指]の性格を、人生に当てはめてみて。
納得する事は、多々ある。
ただ、少なからず母親も影響してる訳で。

[金運が良い]
[幸運を呼ぶ]

は、当てはまらない気が。

ん?
私がジサツしなかった事自体が幸運―――?(苦笑)

***

社会人になって。
多くの人に触れる機会が増えて。
指の事を、たまに言われる。

---

最初の記憶にあるのは。
麻♀が友達に私を合わせたくて、待ち合わせたのだが。
↑麻♀的には私を自慢の"家族"的友達として紹介したかったらしい

彼女に会うなり。
友『何、その指!キモチワルイ!』
と言われて、避けられた。

私としちゃ、気にしてなかったのだが。
麻♀が傷付いたらしく、そこから積極的に私を紹介する事は無くなった。

---

仕事先で、いきなり手を掴まれて。
女性『アンタの指!』
を何回かされた。

その時に言われたのが、
・真面目
・器用
・働き者
がベスト3。
知ってる人は知ってるんだな、って感じだ。

・結婚相手は幸せ
とも。

***

そんな、私の指の形をした人の確率は。

一万人に一人

らしい

でも、私が持ってるだけあって。
私も気付いたんだよね。

父親以外に見た事が無かった、この指。
実は、所長♂も同じだって事。
そして、何故か子分♂も。

一万人に一人、が。
十人に三人、になった(笑)

指は指であって、性格が当てはまらない人もいるらしいから。
私がたまたま当たってるだけで。
もし、同じ指の持ち主で違ってたとしても、悲観する事は無いと思う。

占いとかって、あくまで統計による確率だからね。
私だって[幸運]は当てはまらないし。
今でも受難は続く。

***

最近の母親は、近くに出来た手軽な女性専用のジムへ行っている。
そこに通う人達と話すらしいのだが。

母『〇〇さんって、知ってる?』
香「?!」
小学校の時の同級生の母親だ。
っつーか。
黒歴史なんだから、蒸し返すなよ………。

小学校のクラスは二つしかなく、全校でも10クラス。
1クラス24人しかいなかったこともあって、噂は瞬く間に広がってた。
私のイジメも然り。

母親は、そんな事も忘れたようだ。
↑痴呆ではなく天然。昔からそうだった

香「知ってどうすんの」
母『気になっただけ』
気になっただけで、人の気持ちをえぐるなよ………。

それを、毎週やられる。

このイジメられた記憶って、何十年経っても消えないんだよね。
聞かれるのをやめて欲しいんだが。
何度言っても、人の話を聞かない。

---

例)
我が実家は24時間風呂で、たまに水を全入替する。
今朝、帰宅時に寒かったから私が入浴し。
その後にお湯を洗濯に回す、と母親から言われた。
母『入浴してから?』
香「してから。」
母『洗濯は、後?』
香「後。」
母『先にしとく?』
香「風呂のお湯を使うんじゃないの?」
母『そうだった。』
香「(メンドクサイ)全部やるから放っておいて」
↑普段から洗濯物に手を出さないように言ってあるのだが

母『洗濯するの?』
香「出たらね」
母『今、しないの?』
香「風呂のお湯を使うんだよね?」
母『1回ぐらいなら………』
香「だから、全部やるってば」
母『先にしないの?』
香「もう放っといて。手を出さないで。わかった?」
母『先にした方が―――』
香「話、聞いてる?放っといて!」

---

どうしても、自分の思い通りにしたいらしい
かと言って、任せると大変な事になるし。

---

例)
母『乾きやすいところに(洗濯物を)移動した』
香「!」
下着をまとめた洗濯物、車が多い大通り側に目立つように干された。
怒っても理由がわからない。

母『誰も見てないわよ』
香「下着ドロに合った」
母『そんな昔の事』
香「今の状況、わかって言ってんのか」

昔は昔だけど。
昔には無かったものがあって。

我が実家の裏には小さい家庭菜園があり(他人)。
その向こう側には、小さい自動車修理工場がある。
そこの住人と、犬放置の件で揉めた事があるのだが。
最近、黒人を多く見かける。

修理工員だか取引相手なのかは、わからないが。
私の顔と今の体型。
黒人に人気のあるタイプで(空港や運送業でかなりアプローチされた)。
ある意味、黒人は私のトラウマ。

その事を母親に説明しても。
母『気にしすぎ
と言われる。

---

母親、普段から危機管理が無い。
田舎の親戚に、置き鍵の場所を教えてて。
勝手に出入りするようにしてたらしいのだが。
ある時、万札が無くなっていた事に気付いた。
母『アンタでしょ』

バレるような事を、何故私がせねばならんのだ。
それに、今は金に困ってない。

困ってるのは、その親戚にくっついてる甥。
父親の田舎の農業を継ぐ、と言ってる甥は、家から全く出ない。
常に親戚に付いていて、他でバイトをした事すら無い世間知らず。

甥の両親である従姉妹は、同じように世間知らずで常識知らず。
旦那(婿)が入院したにも関わらず見舞いに一度も行かず、その旦那に離婚を言い出されても動かない。
旦那はすごく良い人で、私の父親を見本にして生きて来たような人だから。
お人好し過ぎて今までの人生何だったのか?と思うようになって、離婚を決意したらしい

逸れた。
えっと、甥は親戚から以外の収入は無い訳で。
私としちゃ、一番怪しい。
なのに、何で私が疑われるのかがわからない。
でも、証拠が無い。

なので。
鍵を置くのをやめるように言ったら。
そこから、万札が無くなる事はなくなった。

ちなみに。
母親からの謝罪は無い。

***

時折、思ってた事。
母親は、私の幸運を根こそぎ持って行って産んだんじゃないか。

そして、書いてて思った事。
私は、母親から相手を理解する感情を奪って産まれたんじゃないか。

でないと、この落差に説明が付かん(-"-;)

周囲に嫌われてるのに。
母『好かれてるから大丈夫よ〜』
と、のたまう母親。

でも、一緒にいる時の視線は。
周囲『今度は何を言い出すんだろう』
という、恐怖と怯えた感じのもの。

威圧、とかじゃなく。
無理難題系。

だから、最近、隣近所に挨拶しても返って来ない訳だ。

母親は、私に対しても同じで。
香「洗濯と録画を観る為だけに帰って来てる」
と言ってるのに。

母『わたしの事が心配で毎週帰って来てくれる』
と、周囲に言いふらしているらしい

昔は"宇宙人"で"変"で"言う事を聞かない"、"嘘付き"で"どうにもならない"娘だったハズなのに。
母『わたしの教育が良かったのね』
なんて、都合の良い事を言いやがって。

どーしたら、改心させられるのかね。
仏教でもダメなら、どーしたもんだか。

そんな訳で、指なんかより遥かにデカい私の悩み。
何とかなんないかなぁ。
指と人生
 
write: 千葉グチ系日記■■2019.1.20■■
つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード



年始のご挨拶
1時間後の悪夢。

***

兄貴夫婦が29日夜に来て1泊2日、毎年年明け前に荒らして帰るという。
私にとって苦行以外何者でもない、大晦日。
母親からたっぷりと嫁さんの悪口を聞かされる事は、わかっているが。
それでも、母親ひとりで年越しはさせたくないので。
31日には、必ず帰るようにしている。

で。
過ごし方は、前述の通り。
悪口は、来て一発目に始まるので。
ブログを書く前に終了〜。

みー♂が休みなら、そのまま泊まっていくのだが。
今回は出勤なので、年明けを見届けてから帰宅する事に。

車に乗り込み。
エンジンをかけようとしたら。

キュルッ………
え?
エンジン、かからん?!

アイドリングがおかしい事は、少し前からわかってはいたが。
原因がわからず、年明けにみー♂に見てもらおうと思っていた。

二回目。
キュルッ………

エンジンをかけながら、アクセルを踏む。

うーん………

三回目。
キュルッ、ブーン―――

かかった!
多分、バッテリーだろうな。

と、適度な予測を付け。
慎重に、帰宅する事に。

災難は、これだけだと思ってた(新年開始30分後の出来事)

***

みー♂宅へ帰宅。
夜中の1時。
鍵を開けて、入ったら。
「?」
何かのニオイがする。

み『おかえり。』
香「おめでと。」
み『おめでと。』
香「うん。」
み『………』
香「疲れた?」
み『うん、とっても。』
何か、あったな。

香「で、」
み『で?』
香「このニオイ、何?」
み『あ、気付いた?』
香「つーか………」
み『もう、大変だったんだよー』

みー♂の話だと。
帰宅したのが、23:30。
それから2階へ上がり、義母が食事の支度をしたらしいのだが。
何かのニオイがし、1階へ降りたら。
台所が煙だらけで、前が見えない。
何かの音がする。

窓を開けて換気扇を付け、音の先を辿ると。
電子レンジだった。

中で何かが燃えてる。
義母は、いない。

慌てて扉を開けると、黒コゲの何かが皿の上に乗っていた。

---

香「何だったの?」
み『こんな□、何て言うの?』

どうやら、お湯で溶かすフリーズドライタイプの卵スープ。
固形のまま皿に乗せて電子レンジにかけたようだ。

香「何で?」
み『知らないよー!危うく火事になるところだったし。』

まあ、この時の修羅場は、みー♂だったんだけど。
台所にいるだけでニオイは辛いし、目は痛くなるし。

香「ご飯は?」
み『机の上にあった、カツ(のみ)と、よくわからないものを食べた。』
香「よくわからないもの?」
み『うん。油っこくて気持ち悪い。』
香「何だろ………」
危なそうなものは、全部、昨日捨てたから大丈夫だろうけど。
つーか、昨日、電子レンジをキレイに掃除したばっか!

香「帰って来るまで、待ってれば良かったのに。」
み『いつ、帰って来るかがわからなかったから。』
香「うーん………私がいなくなったら、ヤバい?」
み『餓死するか、火事で死ぬと思う(本気)。』

どーしたもんだかなぁ。
連泊旅行はおろか、連泊隠れ家すら行けない予感。

---

そして、そのニオイは今朝も取れず。
オゾン発生空気清浄機をかけてから、実家に来てるのだが。

電気代を気にする義母に止められてるだろうな。
自分のせいだと思ってないだろうし。

***

先行き不安な年明けとなった、今年。

厄払いに日の出を見に、近所の海まで行こうと思ったのだが。
行った先でバッテリーが上がって動かなくなったら、ご来光も何もあったもんじゃない。
と思い、断念。

実家に行く前に、バッテリーを変えようと。
ホームセンターや近くのオートプラザを調べたら。
元旦、全滅。
でも、霜で凍りついた車でエンジンかけたら。
フツーにかかったけどねー(半ばヤケ)。

それとも。
元旦に全て厄落とししたかな?

今年も、がんばります!
HAPPY NEW YEAR♪
 
write: 千葉元気系日記■■2019.1.1■■
つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています