日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(6)
元気系(21)
いやし系(4)
恋愛系(3)
ペット系(56)
レシピ系(1)
自慢系(1)
グチ系(6)
オシゴト系(7)
観察系(1)
旅行系(1)
釣り系(1)
映画系(31)
音楽系(4)
スポーツ系(1)
ゲーム系(1)
ポエマー系(3)
小説系(2)
秘密系(3)
社会派系(18)
不幸系(2)
闘病系(3)
オトナ系(2)
ニコッミミズの...
ニコッいのちと...
ニコッ悠久散歩...
ニコッあるカラ...
ニコッ大切なも...
ニコッ花とスケ...
ハート新芽。
ハート"ボランテ...
ハート花とおし...
ハート今、この...
みなさん...
ニコッ2010年。
ニコッ光と闇と...
ハートマーリー ...
ニコッ礎となる...
ハートその10本足...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 さぁやさんの日記
さぁや
さぁやとりあえず系元気系いやし系恋愛系ペット系レシピ系自慢系
グチ系オシゴト系観察系旅行系釣り系映画系音楽系
スポーツ系ゲーム系ポエマー系小説系秘密系社会派系不幸系
闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆?才 社会人 専門学校卒 独身 お酒を飲める 喫煙しない 160cm / 黒髪 茶目 白肌
◆趣味・興味: 音楽, 映画/ビデオ, 散歩道, 犬系, 猫系, 爬虫類系
作家QRコード
作家QR
 コード 
気まぐれ日記☆
 
2020年1月
   1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

→最初の日記
→全部で178日記

<前に戻る  次を見る>
"ボランティア”。ハート
先日、ちょっぴりご縁があって、母の仕事上の知り合いのお子さんたちと遊んできました。
年齢は2〜3歳と、5歳くらいかな。
生後2ヶ月ほどの弟くんを病院に連れて行くというので、
子ども3人抱えてそれは大変だよねー、ということで一緒に行くことに^^

とてもデリケートなお話なので、こうして書くのにも気を遣うのですが、
元々が子どもに対する虐待の件で悩まれていたお母さんで、
特に上のお子さんは幼少期から常に愛情が足りない状態。
私が「よろしくね〜」と手を差し出すと、
初対面にも関わらずすぐに嬉しそうに手を握ってくれました。
下の子はちょうどイヤイヤ期まっさかりで、初めは何を言っても拒絶でしたが、
お話したり、絵本を読んだり、一緒に遊んでいるうちに、いつの間にか姉妹の間で綱引き状態になっていました^_^;
子どもの順応性、素直さってすごいですね。かわいかったー

お会いしたお母様はとても真面目で責任感が強く優しそうな方でした。
そして、まだ癒えていない心の傷を持っているように感じました。

それでも、ただでさえ大変な子育ての最中において、
虐待を止めるため、しっかりと自分の心の闇と向き合おうとする心の強い方です。
適切なサポートさえあれば、きっと本来の愛情深い母親に戻れる方だと思いました。

お子さんもおんなじ。

病院の中で、静かにしていなくてはいけない場面ではちゃんと小声で喋り、
お姉ちゃんは常に妹ちゃんの面倒を私よりも上手にみていました。
逆に、「子どもなのに気を遣い過ぎる」と感じるくらいのいい子。
それを発散するかのように、遊んでいい場所では二人とも小さな爆弾が破裂したかのように、
跳ね回り、転げ回って遊びました。
私はずっと笑ってみていましたが、その最中、その子達が心の中でずっと私に言っていたのは、
「私をみて。他の誰でもなく私だけを見て」、という言葉(T_T)

いくらいい子でも、まだほんの子ども。
愛情を独り占めしたいのは当たり前なんですよね。
その子達に乞われるまま、私が笑顔で遊びに付き合っていたら、
周りにいた子どもたちが羨ましそうに、一緒に遊びたそうに見ていました。
突然、一人の子が下の妹ちゃんを突き飛ばしました。
慌ててその子のお母様が走りよってきて謝られましたが、
当の妹ちゃんはもうそれどころじゃなく他の遊びに夢中な様子。

その時やっと気がついたんですが、
よくよく周りを見てみれば、他の子たちは走り回って遊んでいい場所ですら、
みんなとてもお行儀よく遊んでいるんですね。
ケンカをしない、ぶつからないように気をつける、といったようなマナー的な行儀の良さではなく、
ただ、その場に座って遊んでいる子を眺めているだけの子がとても多いんです。
もちろん、それでその子が満足なら問題ないのですが、明らかにもっと遊びたそうで……

長い待ち時間に、薬のにおい。注射されたり、お腹をめくられたり。
子どもにとってあんなにストレスになる場所はないんだろうに、
なおかつ私たちは子どもに「大人しくするように」と我慢をさせます。
他の場所でも一緒。一旦火がつくと大変だから、子どもは我慢をさせ続けられます。
そんなだから毎日が戦いで、お父さんもお母さんはどんどん消耗します(T_T)

子ども達が「子どもらしくいていい」場所は、どんどん減っているんじゃないでしょうか。

なんでかな、と考えた時、「大人」が快適でいるためか、と思い当たりました。
でも、実際見渡してみたらどうでしょう。
もちろん幸せな大人もいるかもしれないけれど、
大人になっても相変わらず不自由さを感じている人も多いんじゃないでしょうか。
自由になれると信じて大人になったのに、ルールに縛られ、人の目を気にして、結局不自由なまま過ごしているというか。

他の人の自由を尊重することは、大切なことだと私も思います。
そのために、ある程度のルールはあった方が分かりやすいのかもしれません。

でも、みんなが不自由になるようなルールは、なくてもいいんじゃないのかな?
もしくは、もっとみんなにとって優しいルールに進化させてもいいのかも^^

今、「何か人のためになることを」と行動を起こせる人が増えています。
特に被災地の方への募金やボランティアには、たくさんの人の善意が向けられています。
だから、こんな時だからこそ、私は普通の日常の中に埋もれている、
助けを求める声にもちょっとだけ耳を傾けていただけたらいいな、と思いました。

子育てのしやすい環境、そして、子どもが子どもらしくいられる世界を守るために、
ほんの少し、自分の自由を譲り合うこと。
子どもにひたすら我慢をさせるのではなく、大人が少し、我慢を覚えること。
それだって立派なボランティアです。
もちろん、子どもや子持ちのご家族に対してだけでなく、
お年寄りだったり、体の不自由な方だったり、寂しさを持て余している方だったり、動物だったり、植物だったり.......
ほんの少しのボランティアが必要ないのちはそこら中にいると思います。というかいます。

もちろん、まずは自分を元気にすることが一番大切、なんですけどね^^

でも、少しだけ心に余裕ができたなら、
どうかほんの少しだけ、そちらにも目を向けて頂けたらいいなと思います。
きっと、それぞれ一番得意な分野で、自分を活かせる場面があると思います。
そうして元気な人がどんどん増えて、老若男女、心に余裕を持てる人が増えたなら、
きっと、被災地の方への支援だってもっともっとパワーを増せるはず!

長期的な支援が必要な今だからこそ、
自分を大切に、そして、自分の周りのいのちを大切に☆

ちょっぴりACのCMみたいになっててアレですが……(^^;

病院でお母様を待つ間、ずいぶん時間がかかったので二人とも不安になったと思うのですが、こんなやり取りがあったんです。

「お母さん、私たちのこと置いて行ったのかもしれないね」
私はすぐに「そんなはずないよー。置いていくはずないから大丈夫」って言ったのですが、
二人は「大丈夫だよ。私、置いて行かれても帰り道わかるから」って。

ほんの5歳ほどの子どもがそんなこという世界って、私は悲しいです。
だって,子どもって未来の象徴なのに。
諦め悟った子どもで満たされた未来は、果たして楽しい世界でしょうか。

……もしも、この話を読んで「自分はもっと大変だった」と思った方がいたら、
どうかまず、ご自身を癒してあげてくださいね。
それは、自分の心からの「寂しい、悲しい」のサインです。
どうかご自身にたくさん優しい言葉をかけてあげてください。
自分の心が喜ぶことを、たくさんしてあげてください。

まずは、自分で自分を元気することから.....☆

簡単なようで難しいですが、
それが、私たち大人が今、世界のためにできる、最大のボランティアじゃないかなと思います。

だってね、みんなが自分で自分を幸せにできたなら、
そこはもう自動的に、とても幸せな世界になるんですから♪^^

*********
相変わらず長いので、読めない人用の3行まとめ。

子どもらしく、大人らしく、人間らしく、自分らしく、
自分に優しく、人に優しく、いのちに優しく、地球にやさしく、
たくさんのいのちの笑顔あふれる、そんな世界が私は嬉しい *^^*
   
社会派系日記   2011.4.7 Thu
つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり ...つながり ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
1
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



花とおしゃべり。ハート
ある日、居間でだらだらとしていたら、
テーブルの上に飾られていた花が話しかけてきました。

「もっと光を浴びたい」と。

そっかー、と思ってベランダに出して数分。
なんだか呼ばれた気がしたのでベランダを覗いてみると、ぐったりと首を垂れた花の姿が......
どうやらちょっと、寒かったらしい^^;
慌てて中にいれて、ごめんね、と謝りました。

実はお喋りだったらしい紫色のきれいな花は、
それから「もっと外で咲いていたかった」だの、「何も言わずに連れて来られた」だのと私に一通り文句を言いましたが、
私が黙ってうんうん、と聞いていると気が済んだらしく、
突然「ありがとう、お礼にいいこと教えてあげるから目を閉じて」と言って、花の秘密を見せてくれました。

大地に抱かれて育つ、小さな種。
芽が出て、小さな頭を擡げながら空を目指し、葉を風に揺らしながら、
時々虫に齧られて、雨に濡れ、光を浴びて、青さを増し、
与えられた力を存分に蓄えて、そして、そのいのちの全てを表現するように、世界に向かって花を開く。
そして、様々ないのちに恩恵を与え、やがて花は枯れて地に落ち、
再びいのちの循環へと還っていく。
新たな種のその中へ、大地を、雨を、光を伝って。

「枯れることは、悲しいことじゃないんだ」と、花は言いました。
「枯れた花は、充分その役目を終えたのだから」と。

花の役目ってなに?と聞いた私に、花は教えてくれました。
花は「愛」を伝えているんだ、と。
植物は花を咲かせることで、「愛」を表現しているのだと、花はいいました。
そして枯れると再び、愛を循環させるために土に還っていくのだと。

その花はクレチマスとかいう花で、我が家の植木鉢出身。
意地悪で天の邪鬼な私は、
「一度も大地に根付いたことがないのに、なんでそんなこと知ってるの?」と聞きました。

花はたったひとこと。

「すべては、繋がっているから」

そして、言いました。

「もっと自分たちに話しかけてほしい。
 言葉じゃなくても伝わるから、意識を向けてほしい。
 そうしたら花は、もっと愛を渡すことができるから」

結局、そのクレチマスは他にもいろいろとお喋りをし続け、
ある日ふっとその花びらを散らしました。
ありがとう」という言葉を残して、私の「ありがとう」という言葉を受けとって。

まだ、私が日光に当たれなかった頃の、夢みたいな本当のお話^^

それから、私はクレチマスの遺言(?)どおりに時々花とお話するようになって、
それが幸いしたのかしなかったのか、どんどんアレルギーがよくなり、
今では主治医が真っ青になるくらいに、みるみるうちに元気になりましたとさ^^

まだ正常値よりは高いけどね、数値的にもちゃんと下がったんですよ。
IGEは4000近く下がったし(正常値が130とかだからそれでも高いんだけどね。笑)、
ずーーーーーーーっとMAX振り切っていた猫と杉が2段階くらい下がりました。
おかげで花粉7倍と言われる今年の春も、マスクオンリーで生きてます^^v
周りは奇跡の一言です。


別にね、信じてくれても、信じてくれなくてもどっちでもいいんです。
決して花のおかげだけで治ったとは思ってないし、
それ以前にちょっと、人に話すには勇気いる話なんですけどね……ええ、いくら私といえども^^;

だけど、独り占めしちゃうのにはもったいないなーと思ったから、みなさんにちょっと、お裾分け^^

大変な大災害、原発のニュース、慌ただしい日々の生活……
こんな時に花?って思うかもしれないけれど、こんな時だからこそ、
良かったらみなさんもお花たちから元気をもらってみてください。

ちょうど季節は春まっさかり。
わざわざ買わなくても、摘み取ってこなくても、周りを見渡せばたくさんの花が咲いています。
どうかちょっとだけ足を止めて、花たちを見つめてみてあげてください。
自分流で、お花とお話してみてください。
優しい言葉を使うと、やっぱり花も喜ぶ気はするけどね、
みんな個性があってかわいいですよー^^

*************************

クレチマスが花の「役目」の話をした時のことをもうひとつ。

私ね、どうしても気になって、「じゃあ人間にも役目があるの?」って聞いてみたんですよ。
そうしたら少し間をあけて、ひとことだけ言葉を言って、ある映像を見せてくれたんですけど。

残念ながらよく分からなかったので、それからずっとその言葉と映像の意味を考え続けていたんですが、
それでもたったひとつだけ、確信していることがあります。
花が花として愛を表現しているように、人にも人の、
そして、私には私の、あなたにはあなたの役目がある。

役目」というのは、その人がありのままの自分で「できること」。
きっと、いのちはそれぞれみんな、それを必ず持っています。

だからどうかみなさん、ありのままのご自身に、誇りをもってくださいね。
もう誇り持ってるし、という余裕のある方は、ぜひ他の方のすばらしさを認めてあげてください^^

私?
私は相変わらずドタバタと足掻きながら、
のんびりのほほんと親ばかしてますが何か?^^

************************
最後に、動物バカとして震災にあわれた方や、みなさんの飼われている動物たちのためにできることをひとつ。

被災地の方のための義援金やボランティアは下記URLから。

○東北地方太平洋沖地震 募金・ボランティア募集情報一覧
http://www.ipodlover.jpn.org/donation_volunteer.html
○日本赤十字社 寄付・献血・ボランティア
http://www.jrc.or.jp/

直接の支援はとても大切で、必要です。
が、充分に被災者の方への支援を行き届かせるためにも、まず自分自身の元気を保つのが非常に大切ではないかと私は思います。
くれぐれも、ご自身が倒れない範囲で、よろしくお願いいたします。

また、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、災害時動物救援本部がたちあがっています。
参加団体は愛護協会や動物福祉協会、獣医師会など。
現在、物資の受付はストップしたようですが、一時預かりや義援金等受け付けているようです。
ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、こちらも併せてよろしくお願い申し上げます。

詳しくは下記URLからご覧ください。

○東北地方太平洋沖地震動物救援活動 緊急災害動物救援本部
http://www.jpc.or.jp/saigai/index.html


その他の地域の飼主さん向け、動物用、災害時の準備については、
下記のブログが非常に分かりやすかったので是非ご確認ください。

○ひこの動物病院 ブログ 災害時の準備
http://martin2011.blog24.fc2.com/blog-entry-39.html

個人的にはこの他、タオルや係留用の鎖なんかもあるといいかな、と思います。
猫ちゃんや小型犬の場合はリードでも代用はできますが、
特に中型犬以上のわんちゃんと暮らしている方は避難所に入れなかった場合のことも想定して、
しっかりと繋いでおける鎖があった方が心強いと思います。
(動物が苦手な方のためにも混乱時に動物を放すのは極力避けましょう)

それからごはんですが、お腹を壊さないためにも食べ慣れているものがベスト、なのですが、
個人的には缶詰をいくつか用意しておくと水が充分に得られなかったときも安心かな、と思います。
ドライフードだと、どうしても水分が必要になるので……

いきなり食べさせて下痢やアレルギーになると可哀想なので、
いまのうちに体に合う缶詰を見つけておくのもいいかもしれません。
唯一の難点は嗜好がいいので、ドライを食べなくなる可能性があることかな……
そこは辛抱強く言い聞かせてドライに戻していきましょう^^;

その他、げっ歯類や鳥、は虫類などのエキゾチックアニマルと暮らしている方は、
基本的に物資は届かないと考えて、それぞれ必要なものをご準備なさった方がいいかなと思います。
我が家の武蔵(亀)の場合は携帯用の水入りの小水槽とエサくらいですかね。

私も親ばかなので、恐らく動物をおいては逃げられないと思うのですが、それでも一応言います。

まず、何を置いても飼い主の方が生き残ってください。
ご自身の身を守って下さい。

大切な動物を守るためには、それが必須条件です。
残される悲しい子をつくらないためにも、どうぞよろしくお願いいたします。


今日から4月。もうすぐ、桜が咲きますね。
まだとてもそんな状態じゃないと思いますが......
それでも、どうかどうか、被災地の方達の元にも、花たちの愛が届きますように。
悲しみや苦しみ、たくさんの痛みが、一日も早く癒されますように。

一日も早くみんなが笑顔に戻れることを、心から祈っています。
   
元気系日記   2011.4.1 Fri
つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



今、この時に。ハート

昨夜、宮崎の叔母から電話がありました。
別に心配して、とかではなく、単純に用事があったから電話がきたんだけど、
ついさっきまで停電だったんだという話をしたら、
「私も今、エアコンきってダウンを着てるよ」と言われてびっくりしました。

叔母は60代、九州は特に電力に困っているわけでもないはず。
風邪を引くと大変だから無理しないでつけなよ、と言ったら、
もう全国の問題なんだからみんなで協力すればいいのよ、と言われました。

確かに、私もそう思います。
圧倒的に大変なのは津波の被害にあい、原発もある東北の被災地の方だけど、
少なくとも、もう関東圏に暮らす私たちは被災していると考えて行動した方がいい時期にきていると思います。
それはつまり、不安に覆われたまま買い込みをしたり被害者意識を持てということではなく、
「立て直す」ためのひとりひとりの協調が、今はなによりも大切だということ。

一日もはやく、被災地の方が安心で安全な状況に戻るためにも。です。


数日前のニュースで、被災地のリポーターが言っていました。

「何もないんです。食料も、水も、暖房も何も。あるのは助け合いの心だけです」

この言葉が、ずっと心の中に残っています。
本当に大変な状況におかれた時、最後に残る希望は助け合い、
それぞれのいのちが持つ、かけがえのない温かさです。

いったい、今、関東に足りないのはなんでしょうか。
食料も、水も、たまに停電はしても暖房もある。大切ないのちも傍にいる。
ガソリンは足りないけれど、歩くための体力を維持する環境が私たちには整っている。
危険はせまっているように感じるかもしれないけれど、
まだ、冷静に、これからを考えられる時間が私たちにはある。

そろそろ、見ないふりの日常生活を続けるのをやめて、優先順位をつけませんか?
何が今、本当に大切なのか。
政府が一丸となれないなら、まず私たちが一丸となりましょう。
国という集合団体のが持ちうる、真の豊かさとは、そういうものだと私は思います。
そして、それには、そこに暮らす人の心の成長が不可欠だと思います。

災害時、パニックにならないことは何よりも大切ですが、
まだ物資も食料もある私たちは、そろそろもう一歩進んで、考えるべき時にきているのではないかと思います。
具体的な行動ももちろんですが、その前に、個々がしっかり自分の心と向き合って、
自分には何ができるのか、今、なにを優先するべきか、決めることが大切だと思います。

本来、いのちはどんどん変化を続けます。それが、自然なことだから。
それを無理矢理とどめようとしても、いつか無理がきて壊れます。
「元に戻す」のではなく、よりよく変化することを「考え、選び、創造する」。
それが、私たち人間だけにできる「進化」の形ではないかな、と私は感じています。

押し込めても漏れ出る不安や恐怖からの緊張で、だいぶ疲れがたまっている頃だと思いますが、
どうか今、この時に、穏やかな安らぎの中で、自分の心と向き合ってみてください。
外に出て、動物や植物、自然の声を聞いてください。
自分の前に現れる人との違いを探すのではなく、繋がりを探してください。
すべての物事に対し、表層に惑わされることなく、
それらが自分に何を伝えようとしているのかに着目してください。
それが何色であるとしても、自分の中にある確かな輝きを大切に育ててください。
できないことよりも、できることに着目してください。
私は、私たちができないことを補い合えるいのちであることに感謝しています。

だいぶ長くなりましたが、最後にもうひとつ。

頭にくることがたくさんあると思いますが、こんな時だからこそ、怒りや失望よりも、感謝をぶつけましょう。
自分の感情をありのままに感じることは大切です。
だけど、それを誰かにぶつける必要はないのです。

私は今まで私たちのために働いてくれた原子力発電所に感謝しています。
今、テレビに出て私たちの非難の視線を身に浴びている東電の方、
そして、自衛隊や機動隊も含め、現場でいのちを投げ打って作業して下さっている勇敢な方々に心より感謝しています。
同じ人間でありながら、私たちのいのちの責任を一身に背負っている政治家の方に感謝します。
震えるような情報を扱いながら、何が正しいのかと葛藤しながら、情報を伝え続けてくださるマスコミにも感謝します。
こんな時でも仕事をして日本の生活をまわしてくださっている方達に感謝します。
被災地で心を強く持ち、生き続けてくださっている方達に感謝します。
すべての人、動物、自然に感謝しています。

ありがとう」の言霊ってね、絶望から人を救うだけの力があるんですよ
誰かの勇気を、後押しする力もあるんです。
良かったらだまされたと思って、みんなもやってみてください

追伸:
いつ通り、ピンと来ない人は、スルッと無視してどうか今の日常を大切に。
自分の心で考える、本当の意味での自立。それが私の理想です。
まだまだとても難しいけど、私も自分の心の本音を大切にして、今を生きています
   
元気系日記   2011.3.18 Fri
つながり >1 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



みなさんご無事でしょうか?
地震の混乱が続いていますね。
大変な災害に見舞われましたが、
みなさん、無事にすごされていますでしょうか?

ここ2日の間、やたらと「エネルギーの節約」という単語が頭のなかをぐるぐるしていたのですが、
ガソリンスタンドに並ぶ長蛇の列を見て、今日ようやく自分の中で謎が解けました。
これから書くことは単純に私の直感なので根拠にも乏しいのですが、
なんとなく、募金などの他に被災地の方のために私たちが出来ることじゃないかな、と感じるので
もし読まれてピンときた方がいらっしゃいましたら、心に留め置いていただけましたら幸いです。

注)色んな情報があるので不安も大きいと思いますが、まずは落ちつきましょう。
  パニックにならないことが一番大切です。
  話して落ちつくなら話してください。
  泣いて落ちつくなら泣いてください。自分の本心に従ってください。
  私もチョビ達のお尻を揉んで落ちつこうと思います^^

******************************** 
これからもう一度地震がくるにしろ来ないにしろ、あちこちに支障がでているために、
しばらく物品の供給や、電気・ガス・灯油・ガソリンなどのエネルギー関連の節約が必要になるかもしれません。
その場合、最優先されるべきはまずは被災地の支援関連、それから混乱を避けるためにも、
全国の病院や消防などの公共機関ではないかと思います。

恐らくみなさん、とても不安な日々を過ごされていることと思います。
買い込みをしたいお気持ちもよく分かります。だけど、ちょっとだけ考えてください。
本当に、今、自分にとって必要かどうか。

どうか一番必要な場所に、必要なものが行き渡りますように、
被災されていない地域の方はいつも以上にエネルギーの節約を心がけていただけましたら幸いです。

具体的には、
・徒歩や自転車で行ける場所にはなるべく車を使わない
・こまめな節電
・必要なものを食べきれる量だけ食べる

それから、個々の体のエネルギー節約として
・いつも以上にゆっくりと、よく噛んでごはんを食べる
 (「食べてる」と意識すると吸収が良くなるのでエネルギーを無駄なく得られます)
・適度な運動(ストレッチなどでも可。要は循環をよくしてください)
・水分をこまめにとる
・なるべく体に優しい食事を心がける
・ビタミン摂取(疲れると消費されるみたいなのでとっておくと体力温存になると思います)
・なるべく心穏やかに、楽しく過ごす

けっこう割と、当たり前のことですね^^
だけど、今は結構こういう単純なことを個々が意識して行うことが大切なのかな、と思います。
体が健康に保たれていると、余計なエネルギーを消費しなくてすむので
結果的に燃料等にそれほど頼らなくて済むようになります。
ストレスの多い状況で大変だと思いますが、
あまりお金もかからず健康にもいいのでもしよければやってみてください。

ピンと来ない方は、どうかご自身の感じるままに過ごしてくださいね。
たぶんそれが、その方にとって一番効率的な過ごし方だと思うので^^

*****************************

落ちついて、自分を信じて、なるべく優しく穏やかに、
そうして心に余裕ができたら少しだけ譲り合って過ごせたなら、きっと乗り切れると思います。
これから起こるかもしれないことを憂うのもいいですが、
まずは今、助けを必要としている方の所に助けが行き渡りますように。
全てのいのちの飢えや乾きが満たされ、心を覆う悲しみと恐怖がほんの少しでも癒されますように。

必要ないのちに、必要な助けがもたらされますよう心よりお祈り申し上げます。
   
グチ系日記   2011.3.13 Sun
つながり >1 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



2010年。ニコッ
も残すところ、あと一日弱となりました。
みなさんはどんな一年でしたか?

大変だった人、楽しかった人、落ち込んだ人、穏やかだった人......
たぶん、一個にしぼるのは難しいんじゃないかなーと思います。

私の場合、今年を文字で表すとするならズバリ「変化」の年でした。
実際何が変わったの?って言われれば、
ただ日光アレルギーが良くなってお外に自由に出られるようになったのと、
前よりずっと、ちゃ~との距離が近づけるようになったことくらいなんだけど ^^

おかげで近所のわんこさん連合と再会できたし、
また青空をぼーっと眺められるようになったから嬉しかったー

すぐにもっともっと!と求めて動き出そうとしてしまう悪い癖は
まだ完治していないけれど、
歩みは小さくても確実に、何かが変わっていく一年でした。
不思議といえば不思議な出来事が満載でよく悩んだけど、
よく出来た謎解きパズルをやっているみたいで面白かったし。

何かに導かれる時って、みんな一生に一度くらいは訪れるものなんだろうけど、
たぶん私にとっては今年がその時だったんでしょうね。
闇の中にある光に気がついたら、夜は自然と明けちゃいました。
自然も動物も、そして人も、私にとっては出会ういのちすべてが、
文字通りのお手本でした。

あとは......
押し入れにしまい込んだ要らない物をスッキリさっぱり整理したら、
ひとまず今の流れは完了かな。結局、来年に持ち越しちゃったけど^^

病気でいる間、たくさん温かい言葉や気持ちや笑いをくれた家族や友だち、
近所や病院ですれ違ったたくさんの人たち、ネットのみなさん、
そして小さな頃からいつもいつも私を守ってくれていた、
動物たちと自然と、温かい何かに。

心から感謝します!本当にありがとう 。

残りの20時間弱、どうかみなさんにとって楽しい時間となりますように。
そしてみなさんとみなさんのまわりのいのちにとって、
新しい一年が喜びと笑顔あふれる一年になりますように☆

私の来年?
きっと絶対、相も変わらず親ばかです^^


追伸:
ゆっくりと呼吸をして、自分を生きること。
簡単だけど、むずかしい。でもやってみると、心が笑う。
朝は絶対やってきます。みんな光を持ってるから。大丈夫^^
   
元気系日記   2010.12.31 Fri
つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



光と闇と。ニコッ
日光アレルギーになって、夜の闇の中をチョビ達とお散歩するようになって、
いくつか気がついたことがある。

たとえば、夜の空は天候だけじゃなく、
季節や時間によっても色が違うこととか、
月の出ている日は肉眼で見える星が少ないこととか、
夜の雲も、色んな形や色に変化しながら空に模様を描いていることとか、
昼間、鮮やかに見える花は夜は陰の存在になり、
逆に昼間目立たない花たちが、闇の中で優しく咲き誇っていることとか。

そんなことを感じながら夜の時間を歩き続けて2年半、
昨日ようやく気がついた。
闇の中にある光は、とても優しい光だということ。

光化学スモックに覆われない澄んだ星空は、
夜を歩き慣れた生き物にとって充分な光になる。
ついては消える蛍の光も、細い細い三日月も、
闇と共にある光たちは、どれもとても淡くて優しい。
たった数日間の満月に近い月だけが、陽と陰の境界線を明確にするかのように、強く光る。
それ以外の光はけっして、闇の性質を壊そうとしないで、
ただただ優しく、包み込むように優しく、辺りを照らし続けている。
来る日も来る日も一晩中、ほとんど誰にも気付かれないまま。

なにも光る物がない時は、白や、淡い黄色の花が輝き、
よりいっそう優しく、闇の中を照らしている。
そして、気がついた。

闇の中にも、光はきっと、ちゃんとあるのだ。

やがて、朝が来る。
太陽が昇ると、光を受けるものはますます輝きを増し、
闇は日陰に固まって影をつくる。
強い光は特に、闇を収縮させて濃い影をつくり出す。
その中に、光はなかなか、見いだしにくい。
だけど、淡く優しく照らしてやれば、闇のもつ光が輝くのが分かる。

えらく抽象的で、主観的で申し訳ないけど、結局何が言いたかったかっていうとね、
ふと、人間もおなじなんじゃないかな、って思ったんです。
どんなに暗い闇に覆われているようにみえる人でも、
ちゃんと心のなかに、光は持っているんだろうなって。

そういう人は、太陽のように強い光を当てられるとますます闇を深めてしまうのかもしれないし、
月の光や、もっと優しい星の光でも、まだ痛いのかもしれないけれど、
夜の闇に咲く白い花のように、闇自身が持つ優しい光を受けとって、
反射してくれる存在があれば、闇もちゃんと輝けるんじゃないかって。

それなら、私は太陽でも月でも星でもなく、
闇が持つ光を集めて返せる白い花になりたいなって思いました。

電灯のともらない夜の闇は深くて、とてもとても暗いけれど、
毎日ちゃんと夜はあけて、光に満ちた朝がきます。
それはたぶん、闇がちゃんと自分の中にも光があるのを知っているから。

一度でも自分の中の光に気がつけたなら、
その人はもう、朝の強い光を受けてもきっと大丈夫なんじゃないかなって思います。

暗闇があるから、光があるんじゃない。
暗闇のなかにも、光はあるんです。

きっと、ね^^
   
とりあえず系日記   2010.11.30 Tue
日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
2
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと。ハート
かなり前に本屋さんで見つけて立ち読みした時は、
正直びみょ〜って思ってページ半ばで本を閉じたんです。

だからこの映画にも、正直全く期待はしていなくて、
監督が「プラダを着た悪魔」の人だと知り余計に気持ちが萎え、
でも、わんこが出てくるならつまんなくてもいいか、可愛いし。
と、大変失礼な気持ちで借りたのですが、なんていうか本当に、大変失礼致しました。


ストーリーはかいつまむと、結婚した男女が友人の奨めで犬を買うことにし、
そのわんこがちょっととんでもない子なんだけど愛すべき子で、
その子に振り回されたり、どつかれたり、振り回されたりしているうちに
家族っていいよね、愛っていいよね、な感じになるヒューマンドラマの王道な感じの内容なんですが。

なんだろうな、夫婦のセリフの一言一言とか、
笑顔とか、マーリーのいたずらの数々とか、それに”振り回されてあげる”夫婦とか、
子育ての大変さとか、そんな大変さの中にも存在する愛しさとか、
マーリーの子どもを見つめる瞳とか、だけどオムツをくわえて離さない所とか、
ほんのちょっとしたことがなんだか優しくて、幸せで。

気がつくと英語の聞き取り練習をしようとしていたことも忘れて夢中で見入っていました。

よくある「犬」を掲げただけの映画のようにわんこがなおざりにされている訳ではなく、
けれど主題はきっと、もっと深い所にあるんだろうなぁと感じるようないい映画。
子育てや人間関係に疲れた人が見てもホッとできるんじゃないかなぁと思いました。


わんこだけ見てれば、いくつか気になる点はあったんですけどね。
なんでも食べちゃう子なのに対策を何もしていないというか、
食べてはいけないものを食べちゃっても、さほど動じていない所とか。

描かれていなかったけれど、
実際は病院行きになったことも少なからずあったんじゃないかなー。

動物病院で働いていたころもボールやら木の棒やらを飲み込んでしまう子がよく来たので、
ちょっと懐かしく思い出しつつハラハラしながら見ちゃいました。

まぁでも「他人に迷惑はかけちゃダメ」という最低限のマナーは描かれていたし、
何よりマーリ-が心の底から愛されて生きたというのがとても伝わってきたので、それで充分^^


犬とか、人に飼われる動物たちに対して、
多くの人は「人間社会のルール」に沿って生きることを望みますよね。
でも彼らは人間じゃないから、当然、そんなのは分らない。
元々社会性の強い種ではなんとなく飼い主を通じて察して振る舞うことは出来るけど、
それでも、世の中のルールの全てを理解するのは難しい。

私たちがもしも、明日から犬の群れで「犬らしく」暮らしなさいって言われたら、きっと困るよね。

それとおんなじ。

でも、だからといって「犬は犬らしく」「猫は猫らしく」といって
好き勝手に他人に迷惑をかけるような生き方をさせてしまうと、
彼らは嫌われ、悪者になってしまう。

だから、人間である私たち「飼い主」が、きっちりルールやマナーを守ることが大切なんですね。

動物に「ルールを守らせる」のではなく、私たちが「ルールを守る」ことが。


動物は、特に犬は人の子どもによく似ているので
(よく誤解されるけど、私が「動物に似ている」と言う時は100%褒め言葉です^^)、
無理矢理何かをやらされるのは嫌いな子が多いです。
反面、信頼する相手のする相手の言うことは素直に聞けることも多い。

ルールを理解している私たち大人(飼い主)は、
彼らを押さえつけることなく、彼らが社会に馴染めるように、
彼らが「ルールの中で自由に」生きられるように、守ることが大切なのかなぁと思います。

もちろん、それぞれ個性があるし、マニュアルなんてないけどね^^


タイトルでは「世界一お馬鹿な犬」なんてつけられちゃってるけれど、
マーリーは決してお馬鹿な子ではなかったはずです。
きっと楽しむことに貪欲で、感受性が豊かな子だったんじゃないかな。

好みや相性はあるだろうけど、愛すべき子です。
飼い主家族はそれを感じ取って尊重したから、
きっとこんな素敵なお話が生まれたんじゃないかな。

ていうか大型犬だもん。ラブなんて好奇心の固まりだもん。
そりゃソファーくらい壊すでしょ。
あれで馬鹿ならチョビだって結構馬鹿になっちゃうよ。
食い意地はってるし。フタ閉めないとゴミ箱あさるし。
ソファー掘るし。嬉しいとすぐマウンティングするし。

でも他の人に迷惑はかけないから馬鹿じゃない。良い子^^


役者さんの表情も、音楽も、セリフも、風景を照らす光の色も、
そして多分これを撮っている時の監督の目線も、全てに優しさを感じる映画でした。

系統としては、なんだろう・・・寂しさを感じさせない、パッチアダムス?
悲惨さを抜いてもっと身近な画で撮った、ライフ・イズ・ビューティフルかしら。
男前なマーリーの筋骨隆々な体も要チェックです♪



追伸:
病院帰り、調子に乗って映画を6本も借りちゃったので毎日が楽しいです。
トワイライトは意外にもスパイダーマンと同じニオイがしました。
ついでに映像が、というか自然がものすごくきれいでした。
森へ帰りたい症候群を発症しかけました。

いや、別に帰っても構わないんだろうけど、春の森は危険なのよね。
花粉的な意味で。

狼も出てくるみたいだし、ぜひ2も見なくちゃ。


追伸の追伸:
マーリーの感想、超長々と書いちゃったけど、一言で言うならば、

「犬と生きるってこういうこと」^^
   
映画系日記   2010.2.13 Sat
つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0
<前に戻る  次を見る>


[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています