日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(95)
元気系(4)
恋愛系(25)
子育て系(1)
自慢系(2)
グチ系(2)
オシゴト系(1)
映画系(9)
音楽系(1)
スポーツ系(2)
今日の一句系(2)
ポエマー系(14)
小説系(348)
秘密系(8)
社会派系(65)
不幸系(19)
オトナ系(8)
今日の日...
悪のりし...
ルパン三...
初めて、...
或種の、...
葵ちゃん...
【小さな...
日常の中...
『山本五...
『老将軍...
天動説的...
どこか、...
葵ちゃん...
『月の名...
『如月の...
『睦月の...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 齊木魯烏(チム・ルウ)さんの日記「映画の『ファイヴ・バトンズ』続編」
齊木魯烏(チム・ルウ)
齊木魯烏(チム・ルウ)とりあえず系元気系恋愛系子育て系自慢系グチ系オシゴト系
映画系音楽系スポーツ系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系
社会派系不幸系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆63才 1955(昭和30)年7月24日(獅子座) A型 広島在住 アジア(海外)勤務 広島市近辺出身 専門職 文系大学卒 年収 800万円以上 不定期休み 一人暮らし 独身 ◆離婚×1 ◆子供3人 車有り お酒を飲める ◆/細身体型 / 黒髪 黒目 グレー肌 ギャンブルしない
◆趣味・興味: 映画/ビデオ, 酒/ワイン, 博物館, 美術館, 猫系
作家QRコード
作家QR
 コード 
■□■いつか、 …
きっと、 …
、 、 でも、
 
2018年9月
      1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
      

→最初の日記
→全部で606日記

映画の『ファイヴ・バトンズ』続編
「 ファイヴ・バトンズ」は次のヒトに、『指定』出来る。
新たな【ジャンル】の指定だ。
そこで、以下の「五つ」のジャンル指定して、【アナタ】に・贈り・たい。

(訳わかんない「話」だけど、読んだヒトは、【我が身】の不幸を『カナしむ』で・・・ネ)

アナタの選ぶ「不倫」だけど・美しい・【映画】ベスト3
アナタの選ぶ「ハッピー・エンド」じゃないけど・イイ・【映画】ベスト3
アナタの選ぶ「サスペンス」だけど・ヒューマンな・【映画】ベスト3
アナタの選ぶ「B級」だけど・お薦め・の【映画】ベスト3
アナタの選ぶ「難解すぎる」けど・こころ・に残る【映画】ベスト3



さて、「投げる」だけじゃ、キャッチ・ボールは『成立しない』!ので、ボクの・それらを列記してみるネ。

◆ボクの選ぶ「不倫」だけど・美しい【映画】ベスト3

花様年華
脚本・監督・制作 ウオン・カーウアイ 主演 トニー・レオン マギー・チャン 香港フランス映画2001年
 (秀逸! マギー・チャンの「チャイナ服」が素晴らしい。彼女の首の「美しさ」に感嘆。)

 『マデソン郡の橋
監督・主演 クリント・イーストウッド 主演 メリル・ストリーブ アメリカ1995年
 (ただし、「原作」は・もっとイイ・・・・。映画を観てから原作を読むべし)

 『ピアノ・レッスン
監督 ジェーン・カンピオン 主演 ホリー・ハンター ハーベイ・カイテル フランス・ニュージーランド・オーストラリア映画1993年
   (カンヌ映画祭パルム・ドユール受賞作品。アカデミー主演女優賞・助演女優賞受賞。映像美と心理描写が素晴らしい。不倫というより「純愛映画」。)

 以下次点
喝采
監督 ジョン・シートン 主演 グレース・ケリー ピンク・クロスビー ウィリアム・ホールデン   アメリカ1954年
  (正確には、不倫ではない。その一歩手前の状態。原題は「カントリー・ガール」(田舎娘)。この主演でグレスー・ケリーはアカデミー主演女優賞を受賞。)
 『とまどい
監督 クロード・ソーテ 主演 エマニュエル・ベアール ミシェル・セロー ジャン・ユーグ・アングラード フランス1996年
   (失職中の無気力な夫を持つ年若いエマニュエル・ベアール が、初老のミシェエル・セローに心惹かれてゆく様がイイ。フランス男はなぜ年齢に関係なくセクシーなんだろう? )

 『男と女』1966年フランス(説明不要な名作。)
 『ペダル・ドウース』1995年フランス(バイセクシャルが当たり前で、モノセクシャルは異常に思える変わった映画。不倫相手は、男?女?・・・でも、どちらでも当人には・純愛・なので「悲しく」「切ない」映画。)
  『サヨナライツカ』2010 年日本
(「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督作品。不倫を題材にした小説の【原作者の妻】が主演の映画なんて、初めて観た。『道』(1954年イタリア)フェデリコ・フェリーニ監督の妻ジュリエッタ・マシーナ 主演の名作はあるが・・・・。原作を読んでいないのでコメントできないが、中山美穂さんは、凄い女優さんだ、と思った・・・・。勿論・小説は実話ではないし、映画は原作とは違う芸術でなくてはならない・・のだけど、、、、。)


一つ目だけで、くたびれちゃった・・・・

アナタの選ぶ「ハッピー・エンド」じゃないけど・イイ・【映画】ベスト3  
・以下は、
気が向いた時に、また今度・いつか・・・たぶん、、、、、to be continue、、、、、、meybe。


■□■

2010/1/31   21:12   アジア(海外)にて

映画系日記

つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
1
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています