日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(23)
元気系(48)
いやし系(74)
恋愛系(441)
バカップル系(39)
ペット系(20)
グルメ系(11)
レシピ系(7)
ダイエット系(1)
自慢系(1)
グチ系(114)
オシゴト系(509)
観察系(16)
旅行系(5)
映画系(33)
ゲーム系(25)
ちとエエ話系(2)
今日の一句系(1)
ポエマー系(2)
小説系(1)
秘密系(30)
社会派系(18)
不幸系(24)
闘病系(133)
オトナ系(21)
噂(否定意...
劇場版銀...
悪口のご...
原因と結...
二択?
複雑化す...
お詫び
疲れてる...
アニメ系...
感情が起...
人と会う...
休暇。
心の在処...
訳わかん...
臨時休暇...
女のサガ?
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 徒然なるままにきまま日記「CONOEより」
香月
香月とりあえず系元気系いやし系恋愛系バカップル系ペット系グルメ系
レシピ系ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系旅行系
映画系ゲーム系ちとエエ話系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系
社会派系不幸系闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆43才 1974(昭和49)年11月生 O型 千葉在住 アルバイト/フリーター 専門学校卒 年収 300万円以上 土日祝日休み 一人暮らし 独身 長女 ◆離婚経験無し ◆子供無し 車有り お酒は飲めない 喫煙しない 159cm /普通体型 / 黒髪 茶目 白肌 ◆好きな野球チーム: なし ギャンブルしない
◆趣味・興味: 映画/ビデオ, 書籍/雑誌, ゲーム(ソフト,ハード), コンピュータ, インターネット, モバイル
作家QRコード
作家QR
 コード 
徒然なる日々は、 成長を生む?平穏無事がテーマでも、 なかなかこなすことの出来ない毎日を綴っていたりします(T_T)
 
2018年8月
   1
二択?
2
3
原因と結果
4
5
6
7
8
9
10
11
悪口のごった煮
12
劇場版銀魂アニメ2作品レビュー+近況オマケ
13
14
15
16
17
18
噂(否定意見)
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

→最初の日記
→全部で1599日記

CONOEより恋愛系日記
仕事で。

何から書いたら良いものか。

派遣の私が社員・波♂と共に、ここまでやって来た。
社員と派遣の間にはパートという地位があって、それはそれは個性的な人が集まっている。
私自身とちゃ、仕事しないパート達を見下してはいたが表に出さず、それなりに臨機応変にやって来たつもりだ。

臨機応変に出来なかったのは、波♂で。
私を“お気に入り”登録してから優先的にし、パート達の反感を食らっていた。
それは、旧倉庫から新倉庫移転になってからも変わらず。
今さら、上司・咲♂や同僚・西♂に言われたところで、するワケがなく。
特にこの二人は、旧倉庫での体制を知らないワケで。

パート達は、波♂への不信感はおろか。
その寵愛を無条件に受けている私にまでも恨みを抱き。
要するに、私は何もしてないのに逆恨みを抱かれ続けているのだ。

そこに、咲♂からの提案で。
咲『部署の中で仲良くしよう』
運動が、始まる。

私としちゃ。
現状のままだと波♂が突っ込まれたり、社員と資質が問われてしまう為に。
私なりになんとか頑張って来たのだが。
パート達が受け入れず、
パ『アンタは気に入られてるから』
という視線を浴びせ続けられていた。
何度やっても、何を言ったところで受け入れられず。
諦めるしか方法がなかった。

そこに、この運動が始まり。
西『パート達は“仲良くしようって前から言ってたけど、香月さんが受け入れない”って言ってたんだ。』

……そーゆー嘘、付くんですか∠(-_-;)
まあ、今までが今までなだけに、それは予測の範囲内だけど。

この偏見の根本的な原因は。
 波♂→香月(私)
である事から。
仕事とプライベートを分けられない波♂にあるワケなのだが。
それを咲♂や西♂に言って良いものか。
ずっと、悩んで来た。

私が波♂に冷たくすれば。
波♂は私の機嫌を取ろうとして寄って来るし。
逆に、親しくすれば。
調子にのって、更に近くに置きたがる。

じゃあ、どうすればいいの?ってな話で。
波♂に直接、直談判。
だが。
波『俺は、そんな事をした憶えはない』
波『勘違いする方がおかしい』
など、知らぬ存ぜぬ問答返し。

パート達にも同様に言ったらしく、不信感を募らせるばかりで何の解決もしない。

結局。
自分の世界で囲いたがり、気に入らない奴は排除。

仕事とプライベートを分けられないから。
お子ちゃま”と思って、諦めていたのだが。

そうもいかなくなった。

波♂は、何も言わないが。
保身に身を注ぐような人なので。
言葉・態度からしても、何かが違う。
咲♂によほど突っ込まれたのか。
自分の予想から来るものなのか。
詳細は不明だが。

私への態度が、変わった。

今までは。
波♂から、
波『話がしたい』
波『飲みに行こう
波『笑顔でいて欲しい』
波『(仕事でも)タメ口でいて欲しい』
などと、無理難題を言って来て。
聞いて来た私も悪いのかもしれないが。

それが、なくなった。

仕事の最中でも。
パートと話し、私とはほとんど口をきかない。

ミーティングの時に。
西♂の手前だから、というのが見え隠れするが。
波『仕事に集中して欲しい』
などとほざく。

――自分の過去を忘れたんですか?
と、聞きたいが。
西♂の前では、そんな事を言えず。
我慢して来た。

波♂の言いたい事、
波“今は、仲良くしよう運動があるから一時的にそういう態度を取らなきゃならないんだ”
は、わかってるけど。
無言で私が何でもわかってると思ったら、大間違い。

私がresetし、波♂をほとんど無視し始めた。

原因は。
川♀が波♂と“如何にも仲良い”アピールをして来るし、それに対して何か思う事すら疲れるから。
底の浅い人間(川♀)を相手にすると、疲れる。
波♂が何を思ってるか、知りもしないで。

それなら、何も感じないようにしよう。
そう思って、波♂を“reset”した。
今までの過去を忘れ、言われた事も誘われた事も忘れる。
自分の、感情すら。
簡単に出来る事じゃないが、そうしなきゃ自分が壊れると思ったからだ。

そんな中で、月イチミーティングが始まった。
月に一度、一人一人ミーティングをして、職場環境を少しでも改善しようと始まったものだ。

先に書いた通り、波♂は仮面を付けて仕事の話。
西♂に、
西『何でそこまで仲が悪くなっちゃったの?』
と聞かれて、正直な事は言えず。
香「……私の我慢が足りないから。」
と、答える始末。
波♂をかばえばかばうほど、私が悪者になって。
私のワガママで、パート達を避けてる事になる。
かと言って、正直に話せば、波♂の言われたくない真実を、私は言ってしまう事になり。

私としちゃ、身動きが取れなくなる。
で。
波♂が、そんな態度取るなら。
たまには、反発しようと。
一大決心、する。

ミーティングの時に。
香「もう我慢出来ない、辞める。」
と言ったのだが。
波♂は、無言で。
西♂に、必死に説得される私。

西『何が不満?』
と聞かれ。
香「パート達。」
と答える。

社員命令で、何もかも我慢して来た私。
西『オレから見たら、うまく行ってるような感じしたけど、そうじゃないんだ?』
香「私が我慢して、それを当然と思って、慣れたら私に文句を言って来る。私はどこまで我慢すればいいんですか?!」
社員側としては、仲良くなればパート達は私を受け入れると思ったらしい。
が。
社員に言う前に私へ直接文句を言い、ウサ晴らしをして来る。
どんな些細なミスも許されず、また、仕事のやり方も自分の都合の良いように変える。
社員に言わずに。
それが表面化すると、
パ『わたしは言ってません。香月さんが勝手にした事です。』

そこまで我慢出来るほど、私の心は広くない。

それを、波♂は。
波『香月さんの思い込みじゃない?』
と言った。
今まで、散々この類の嫌がらせを知って来てるハズだ。
それなのに、何故、こんな事言うのか。
波♂が、信じられなくなった。

私を、辞めさせたいのか。
もう、用済みなのか。
そう、思った。

たぶん。
その時は、気付かなかったのだが。
波♂、妬いてたのかもしれない。
普段から、私に避けられていて。
ミーティングでも、西♂とばかり話をしていて。
西♂も、人の想いを汲み取ってくれるので。
会話としては、途切れなく続く。
自分勝手な、自己主張ばかりする波♂とは違って。

だから、波♂は口を挟むタイミングすらなく。
その事に、イライラしてたんではないかと。

だからといって。
責める内容、違ってると思うのだが。
だから“お子ちゃま”なんだよ。
波♂にとっての、復讐のつもりなのだ( -_)=з

ミーティングは、仕事の改善で終わり。
その直後、帰宅だったのだが。
香「お先に失礼しまーす。」
の言葉に、波♂は振り返りもしない。

これじゃ。
仕事とプライベートを分けろ、と言っても。
無駄に終わる。
私が我慢して。
波♂と話さないようにしなければ。

たった一言でも話すと、波♂は私に気が行ってしまうので。

我慢、し続けなきゃならない。
波♂が、どんな顔をしても。
怒哀を、見せても。

それは……辛いけど、仕方ない。
波♂、自覚しない限り。
私も、辛いんだよ。

だから。
遠回しに、伝える事にした。

ミーティングから、数日。
波♂は、私の態度が一時的な機嫌の悪さだと思い、近付いて来た。
が。
パートが見てる事がわかっていたし、これで負けては元も子もない。
香「おはようございます……」
波『(^_^)』
香「………」
顔をそらす。

波『?!』
そこに、川♀と野♀が。
川『おはようございます♪』
波『あ、ああ……』
仕方ないよね(。・"・)

でも、私の我慢もたまって来て。
何より、波♂が辛そうで。
どうしたらいいか、考えた末に。
香「西♂、二人で話したい。」
と、ミーティングを申し出た。

西『ああ、いいよ。』
と、快諾。
夕方に、二人でのミーティングが始まった。

結局、西♂にすべてを暴露する事にした。
波♂には、内緒で。

根本的に、波♂の個人的好意から始まってる事。
その事で、パート達が不満に思っている事。
私自身は、出来る範囲の事をして来たが、無駄に終わった事。
波♂に警告や忠告をしたが、相手にされなかった事。
川♀や野♀は波♂を気に入っていて、ヤキモチを妬かれている事。

西『それは違うんじゃない?』
香「え?」
西『川♀の性格を考えると、“波♂との仲の良さを見せつけて来る”なんて深い考えはないよ。』
香「………」
この時、気付いた。

西♂。
人の感情や想いや行動や言葉は、読み取る力はある。
でも。
外見、そのまま。
今は夏♀と付き合ってはいるが。
恋愛に対しての経験値、ほとんど皆無だ(゜ロ゜)!!

波♂にしてみても。
誰が見ても明らかだが。
西『香月さんに対しても、仕事が出来るから気に入ってるんだと思うよ。』

仕事で気に入ってるんなら。
何故、プライベートで会う必要があるの?
何故、車の中で隣で寝ちゃうの?
何故、アパートに来て話もせずに寝ちゃうの?
西♂は、↑を知っている。以前に相談したから。

それなら、ソフトに。
香「波♂が私を気に入ってるから、それにパートが気付いて、差別されてるって思ってる。だから、最近、話をしないようにして来た。」
西『確かに、波♂から“最近、香月さんがおかしい”って話は出ていたし。』
香「?」
西『今日、出荷へ誰か行かせるって話になった時に。波♂が“香月さんと加♂は残す”って言ってたんだ。パートより派遣を優先して残すのは、おかしいって話をしたんだけど、それはパートから見てもおかしな話になるよね。』
香「うん。」
西『だから、香月さんの話もわかるんだ。』

西♂が早く来ないかな〜、と思いつつ。
波♂と二人きりの状況で。
仕事の道具を片付け、作業日報を書く。

西『あれっ、まだいたんだ!』
と、能天気な西♂の声。

波『あ、ああ……』
西『てっきりさ、帰ったと思ったよ。……』
西♂のペースで会話が続き。
その間に、私は帰宅。
香「お先に失礼しまーす。」
西『お疲れ。』
波「………」
返事、ないよ。

私には、
波『最低限の挨拶はしよう』
って言っておいて。

まあ、予想範囲内だから。
後は、西♂がどう言ってくれるのか。
波♂がどう受け取ってくれるのか。
それ次第だが。

うーん……、不安だ。

帰宅後、少し経って。
波♂に、手紙を書く。

メルアドを知らないので。
電話番号で送れるショートメールみたいなスカイメールみたいなCメールを送って。
ネット上でホムペスペースを借りている私は。
そこに手紙を載せて。
波♂に、アクセスしてもらう。
今までにも何度か送っているし。
アドレスに変更はないのだが。

波♂、24時間経った現在、未だにアクセスなし。

西♂がどう言ったか、わからず。
波♂と私は今日、休みなので。
会う事もなく。
……明日が、怖い。

これ以前に、私は辞める覚悟をしていたので。
いざとなったら、派遣会社を通じて辞める事も出来るので。
そこに、戻るだけなのだが。

探すの、面倒なんだよなぁ……。
波♂に、伝わればいいんだけど。
はあ、疲れる( -_)=з

明日を待つのみ、か。
辛いなあ。

余談。
今日、入荷の白♀からメールが来た。
♪白“帰る時、パート3人と西♂が話してたよ。何を話してたんだろうね?”

……知りたくなかった(ρ_<。)
でも、白♀は親切心で教えてくれたんだし。
お礼メールをしておく。

パート達はたぶん。
あまりに長い、私と社員とのミーティング。
自分達の悪口を言われてるのではないかと、危惧したのだろう。
しかも、波♂ではなく西♂。
“今度は西♂を仲間に香月が率いれた”
と思い、そう深くなる前に対処したくて、私がいないスキに話し合い。

私がどんだけ我慢してんのか、わからんのか(`ロ)⊃⊃⊃

何でいつも、3人一緒なのだろう。
1人じゃ太刀打ち出来ないと、判断したのだろうか。
真実は一つなので、正直に言ってる私が勝つのが当たり前なのだが。
それが、わからないらしい。

社員の言葉を借りるなら。
“幼稚園児”どもめ。

明日の出勤、嫌だな。
   千葉にて
2008・2・28  Thu
つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています